忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

湯桶

もうすっかり秋の風情です。

涼しくなると暖かいお風呂が恋しくなります。

・・・・というわけで、
湯桶のお話を。


上の写真、左は仕上がったばかりの湯桶。
右は老舗旅館で10年以上も使っていただいた湯桶。

素材は同じ高野槇。
最近では秋篠宮悠人様のおしるしの木として
話題になりました。
(悠人さまご誕生の時に、高野槇を使っている~と
いうことで、テレビの取材を受けましたっけ)

新しい真っ白な木肌もいいですが、
大事に手入れをされ、よく磨かれ木目が立った、
シワシワのお肌も味があっていいものです。

ご飯を入れるおひつもそうですが、使い終わったら
とにかく乾燥をさせること。
黒ずみを防ぐのには大事です。

湯桶を乾燥させるって、なかなか難しいですが。浴室からだして、
ベランダなどで乾かすのもいい方法です。
(直射日光を長時間当てるのは×)



さて、この湯桶を作っている、我が夫の工房、
中川木工芸比良工房は8月26日(水)~9月1日(火)まで、
JR京都伊勢丹 食器売場にて実演販売をしております。
京都では初となる実演販売。
ぜひ、足をお運びくださいませ。



先日は京阪神エルマガジン社から発刊された
「滋賀のABC」でご紹介していただきました。

そして、同じくエルマガジン社のSAVVY10月号では
草庭を掲載していただいております。

特集は「日帰り、1泊2日の小さな旅」

この夏こそ、どこかに旅行したいと思いながら、
秋を迎えてしまった我が家。

ほんと、小さな旅でいいのでお出かけしたいなぁと
垂涎モノなのです。







金魚桶

先日、途中段階をご紹介した、硝子をはめ込んだ桶は
この通り、金魚鉢(桶)になりました。

下方から出ている筒につなげば、エアーポンプも装着可能です。

時代劇のお殿様の小道具としても登場する(らしい)金魚桶。
風流です。
PR

コメント

name:
title:
mail:
URL:
comment:
pass:
emoji:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

草庭

草庭
女性
滋賀県は湖西で器などを扱うお店をしております。
お店は中川木工芸比良工房という桶工房に併設しており、一声掛けていただければ、工房の見学もできます。

このブログでは商品の入荷情報やイベント情報、そしてここ比良の美しい自然をご紹介します。

 

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

最新コメント

[03/07 izumi]
[12/09 izumi]
[06/22 izumi]
[06/14 izumi]
[05/23 ウエダ]

 

ブログ内検索