忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

煤竹箸




















ここのところ家業(中川木工芸)が忙しく、久しぶりに
竹箸の仕上げをお手伝いしておりました。

これでも独身時代は、京都のお茶道具などを作る会社で
働いていたので、竹の扱いは慣れています。

と言いたいところですが、久しぶりにすると勘が戻るまで
ちょっと緊張。
お客様のお口に入るものなので、特に箸先は滑らかに、
丁寧に。
そしてつまみやすく。

竹のお箸は麺類も食べやすく、一度使ったら手放せないと、
リピーターも多い商品です。

うちの子も「パパのお箸がいちばん食べやすい」と言ってくれてます。
(自画自賛?)

ただ、1歳の息子は箸先をガジガジ・・・
だんだん短くなっていってます。(涙)
ま、無塗装で仕上げているので、多少食べてしまっても大丈夫。
かな・・・


白竹箸と煤竹箸





















娘の箸。
白竹の箸と、弟にかじられ短くなった煤竹箸。



中川木工芸 比良工房
白竹箸 @1,890
煤竹箸 @2,940
煤竹天節箸 @3,990
PR

コメント

name:
title:
mail:
URL:
comment:
pass:
emoji:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

草庭

草庭
女性
滋賀県は湖西で器などを扱うお店をしております。
お店は中川木工芸比良工房という桶工房に併設しており、一声掛けていただければ、工房の見学もできます。

このブログでは商品の入荷情報やイベント情報、そしてここ比良の美しい自然をご紹介します。

 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 

最新コメント

[03/07 izumi]
[12/09 izumi]
[06/22 izumi]
[06/14 izumi]
[05/23 ウエダ]

 

ブログ内検索