忍者ブログ


昨日、京都まで出る用事があったので、
見に行きたかった器展にまで足を延ばしてきました。

京都の舞鶴で作陶されている村山朋子さん(蓋物)と、
益子の長谷川風子さん(お皿)。

村山さんの絵付の器が好きで、
うちの子どもたちのご飯茶碗は
みんな村山さんのものです。

子どもたちが使っているのは、
こういう渋めの絵ではなく、
動物やてんとう虫などが愛らしくあしらわれています。

草庭では扱いは(まだ)ありませんが、
いつかご紹介できたらいいなと思っています。

そして、長谷川風子さん。
お名前や作品はインターネットなどで
見聞きしておりましたが、
実物を見るのは初めて。

新作だという切り絵シリーズの一つをお持ち帰りしてきました。

このお皿は「トビラの向こうへ」という
素敵な名前がついてます。

いつもはシンプルな器ばかりの草庭ですが、
こんな楽しい絵付きのお皿も大好きです。

二人展は京都市の寺町二条のギャラリーひたむきさんにて。
明日、6月2日までです。
PR

草庭

草庭
女性
滋賀県は湖西で器などを扱うお店をしております。
お店は中川木工芸比良工房という桶工房に併設しており、一声掛けていただければ、工房の見学もできます。

このブログでは商品の入荷情報やイベント情報、そしてここ比良の美しい自然をご紹介します。

 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

[03/07 izumi]
[12/09 izumi]
[06/22 izumi]
[06/14 izumi]
[05/23 ウエダ]

 

ブログ内検索