忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すり鉢

岩手の陶芸家、泉田之也さんのすり鉢が昨日、届きました。
今回は草庭初入荷の、わら灰釉すり鉢も大・中・小サイズ揃って届きました。
嬉しい!

昨日はちょうどバレンタインデー。
右はバレンタインの贈り物にぴったりのチョコレートブラウン(黒釉)、
左はホワイトデーのお返しにぴったりのスモーキーホワイト(わら灰釉)。

なんて考えながら、荷解きしていました。

お料理好きの方には、こんな渋い贈り物が喜ばれるかもしれませんね。


黒釉すり鉢 大・中・小
 各 5,250 4,200 3,150
・わら灰釉すり鉢 大・中・小
 各 4,725 3,675 2,625
(写真はどちらも小サイズです)
PR
落合芝地さん

新しい作家さんの(作品の)ご紹介です。

落合芝地さん。
ご自身で挽いて、刳って、漆をかけて仕上げています。

草庭と同じ、滋賀県で製作をされています。
すごい山奥ですが、ご自宅&工房、
そしてご本人に奥様、赤ちゃん・・・
みんな、ほんわかと温かい雰囲気で
作品にもその温かさがでています。

また、詳しくご紹介します。
すり鉢

草庭で人気の泉田之也(ゆきや)さんのすり鉢とカップです。

すり鉢は購入されたお客様の口コミなどで、予約が入るほどの人気。
ゴマ和え、白和え、とろろ汁、つくね団子など、和食作りに重宝します。
小サイズは離乳食作りにちょうどいいサイズ。
離乳食作り以外にも、もちろん使えるので、末永く使えて経済的です。

片口になっているデザインも洒落ていて、煮物鉢などにも使えます。
本日、信楽で作陶されている神部千夏さんの飯碗やマグカップなどが届きました。

やわらかなラインとポツポツとついた水玉がアクセント。
彼女自身もふんわりとした印象の可愛らしい女性です。

こちらの商品名は「マグ」ですが、大きめなので私はスープカップとしても使おうと思ってます。カフェオレなどにもいいですね。


神部千夏マグカップ





















神部千夏
マグカップ @2,625
(サイズ 口径約11×13センチ 高さ約8センチ)

神部さんの作品はこれから随時ご紹介しますね。
昨日、4月27日で「サブロウガラステン」は終了しました。

たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

「たくさんのお客様」に慣れていない草庭、しかも狭い店内で、ご迷惑をおかけしたのでは、と反省しております。
素敵な店作りに努力していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


今週からは通常の展示に戻ります。
夏が来て、そしてまた少し涼しくなった頃、なにか企画展を、と考えております。

サブロウさんの器も個展期間に比べると、種類は少なくなりますが、展示・販売はしておりますので、個展を見逃したお客様もぜひいらしてください。

そして、さっそくで申し訳ございませんが、4月29日(火・祝)は臨時休業をさせていただきます。
御来店予定でしたお客様、申し訳ございません。
ゴールデンウィーク中は通常通り、日・月(4日・5日)定休とさせていただきます。
よろしくお願いします。


サブロウ角皿小























サブロウ丸鉢中






















「サブロウガラステン」も残すところ今日、明日の土日で終了です。
サブロウさん、初の地元での個展とあって、お知り合いに方にもたくさん来ていただきましたし、「かんじる比良2008春」の2日間にははじめてサブロウさんの作品に触れる方も多く、そのユニークな作品に興味を持たれる方も多数いらっしゃいました。

今日もお天気はいいようです。
ぜひ、草庭まで足をお運びください。

また、今日は大津公園緑化協会の「花フェスタ」があります。
「かんじる比良」のブースも出展しておりますので、ぜひこちらも併せてお楽しみくださいね。
場所はサンシャインビーチ。
珍しい花苗や植木、ガーデニンググッズなどがたくさん並ぶようです。(たぶん)
「かんじる比良」ブースは「ほっとすていしょん」の比良味噌など特産品の販売、スクーグの取り扱い商品やCARRY ART STUDIOのアート作品が並びます。



子どもたちは今日はお隣さんちのBBQ大会に交ぜてもらいに。

ダンナは今日から火曜日まで、神戸大丸へ実演販売に行きます。
こちらもよろしくです。

フレンチトースト























この1週間ほど、フレンチトーストにはまってる娘。
牛乳を切らしていたとき、試しにヨーグルトで作ってみたら、これがなかなか美味しかった。
さっぱりした後味が、これからの季節にぴったりです。

器もさわやかに、サブロウさんのカットワークを施したお皿を。

このお皿が作る影も素敵なのです。

サブロウ






















サブロウ 皿 (参考品)
安土草多 ガラスピッチャー @2,310
長峰菜穂子























長峰菜穂子
菊型ゼリー型 @1,260


陶磁器の制作をされている長峰菜穂子さん。
彼女の器は派手ではないけれど、静かな存在感があり、テーブルにひとつ置いておくだけでも
素敵な雰囲気を醸し出します。

長峰さんの貝目リム皿は我が家のヘビーローテーションアイテム。
朝はオムレツ、昼はカレー、夜はサラダと揚げ物を・・・

その彼女から三人展「春雪」の案内ハガキをいただきました。
ガラスの作家さん2人と渋谷のgallery it'sさんにて、
3月22日~30日までです。
東京方面の方、ぜひ、お出かけください。
今日は午前中からダンナのお仕事のお手伝いで京都へ納品へ行ってました。
滋賀の道に慣れてしまうと、京都は何て道が狭く、車が多く、一通も多いのでしょう!

用事を済ませるとちょうどランチタイム。
せっかくなので、友人の勤める「かもがわカフェ」へ。
キッチンにいるみどりちゃんとは、以前勤めていたカフェで一緒に働いていました。
彼女の作る野菜中心の優しいメニューが大好きです。

彼女もお仕事中なので、あまりゆっくりはできませんが、近況などを伝え合い、サブロウさんの個展のDMと、かんじる比良のチラシ&マップをしっかり置いてきました。

そして、「中川さんのお箸、使いやすいから、もう1膳ほしい」と嬉しいお言葉をいただきました。

そのお箸ですが、「かんじる比良2008春」の会期中、中川木工芸比良工房では、竹箸作りのワークショップを行うことになりました。

竹の箸は使いやすく、リピーターも多い商品です。そんなお箸を自分で削って仕上げてみませんか?
そして、木工(今回は竹ですが)の楽しさを体験を通して感じて頂ければ・・・と思っております。
詳しくは中川木工芸比良工房のブログで・・・


真剣です

























娘も木を削ってます。
ごはんだよ~の声も聞こえないほど真剣に・・・
キッシュ























サブロウさんのガラスの器。
モザイクのデザインが素敵で、「お料理を盛るのがもったいない」と仰られる方がおられます。
でも、お皿はお料理を盛ってこそ、生きてくると思いますし、
このお皿に何を盛ろうか、と考えるのもまた楽しいものです。

今日はキッシュを作りました。
意外に簡単にできる割に、子どもたちも大喜びの我が家の定番メニュー。

こんな素朴な料理でも受け止めてくれるのは、作り手の人柄がにじみ出た
暖かみのあるガラスの器ならでは。


サブロウ
平丸皿 @9,975

草庭

草庭
女性
滋賀県は湖西で器などを扱うお店をしております。
お店は中川木工芸比良工房という桶工房に併設しており、一声掛けていただければ、工房の見学もできます。

このブログでは商品の入荷情報やイベント情報、そしてここ比良の美しい自然をご紹介します。

 

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 

最新コメント

[03/07 izumi]
[12/09 izumi]
[06/22 izumi]
[06/14 izumi]
[05/23 ウエダ]

 

ブログ内検索