忍者ブログ
先週の中ごろから慌しくしておりました。
久々の更新です。

昨日は「かんじる比良2007」の反省会兼、次回に向けての
壮行会のためSkog(スクーグ)さんへ。
集まった皆さんは比良を愛する方々ばかり。
比良への思いを静かに熱く語ります。
もちろん私も比良の風土や人々が大好きです。

次回は準備期間をたっぷりとって(とはいっても4月開催予定なので
あまりのんびりは出来ません)、今回よりももっともっと素敵な
比良をかんじてもらいたいです。

比良の自然が生み出すものには、滋味あふれる美味しいものが
たくさんあります。
そんな素材を生かしたフレンチを堪能できるのが
オーベルジュメソン・田園のテーブルさんです。
昨日の会合にも出席されてました。

草庭から車で10分ほどの、森の中、コテージも併設されており、
泊りがけでゆっくり、じっくり比良をかんじるには最高のお店です。

「田園地帯であるこの地の食材を提供するテーブル」
というコンセプトで理解されるとおり、地元の食材を生かした
料理がランチコースで楽しめます。

と、こんなことを書いていたら、メソンさんのオーナー夫妻が
草庭に現れました!びっくり!
私は何度かランチをいただきにも行ったこともありますし、
娘さんは卒園されましたが、うちの子たちと同じ保育園に
通っていたので、会話はそんなに交わしたことはないですが、
意外に古い顔見知り。

それが、「比良」という線で結ばれ、このような形で
今後お付き合いさせていただくことが出来るなんて、
素敵だなと感じた午後でした。

近々、私たちも「田園のテーブル」にランチしにいきます!


PR

「かんじる比良」最終日の18日は17日とうって変わり、
風が強く、時雨れる、山の天気でした。
私は朝早くから保育園のおたのしみ会の準備。
おたのしみ会も無事に終了し、家に帰ると、この悪天候の中、
たくさんの方々に来てただいたとの報告を受けました。
ありがとうございます。

夕刻、お世話になったSkogさんと、ログハウスをセルフビルドした
鉄の彫刻家、藤原くんのところへ。
また来年に・・・いや、この春にでも・・・など、早速、先のことを
お考えのお2人。
ほんと、お世話になりました。

今回のイベントで初めて知ったところ、行ってみたい!と思うところ、
私にもたくさんありましたが、会期中は忙しくて回れず。
これからじっくりと巡って行きたいと思います。

比良山は紅や黄に染まっていますが、頂は白く雪化粧です。
今年はカメムシが多いので、雪が多い冬になりそうです。

先日、 「蓬藍館」の井上さんが開店のお祝いに来てくれました。
蓬藍館とは蓬莱にある藍染め工房で、藍の植え付け、生育、収穫まで、
ご自身たちでされています。
体験工房や、藍染めの小物などを扱うショップもあります。

工房を主宰する井上さんは私と同じ年で、同じく1歳の男の子がいる
職人ママさんです。

hoaikan.jpg
























写真の水玉コースターとティーマットは、草庭オリジナルとして、
染めてもらいました。
で、この布で、また、新しい商品を考えてます。
お互い忙しい中、あーだこーだと意見を交わしながら創作して
いくことは、試行錯誤の連続ですが、楽しい時間でもあります。
出来上がりが楽しみです。

できましたらご紹介しますね。

ティーマット 27.5*19.5cm @2,415
コースター  9*9cm @672
※どちらも裏面無地のリバーシブル
日付は変わり、昨日14日の夜、家族で浜大津にある「どない屋」さんという
ロックな居酒屋さんに行って来ました。

donaiya00.jpg





















誘ってくれたのは、うち(中川木工芸)の桶を使っていただいている、
ロックな和菓子職人、瀬古さん
小豆を水に浸けるのに、桶を使っていただいてます。
そうして、手間暇かけて作られた「きんつば」の美味しいこと!!
ずーっと食べてみたかったのですが、昨夜、持ってきていただき、
念願の「きんつば」をパクリ。
ほんと、お世辞でもなく、おいしい~~
小豆がプリッと生きているようです。




で、その「どない屋」さん、店内にドラムセットや、ギターなど楽器が
置いてあり、即興でライブが始まったりします。
こどもたちも色んな楽器に触らせてもらい、飛び入り参加?
この楽しそうな笑顔。
店のすぐ前を路面電車が通っていくのも、こどもたちにとっては
!!!の出来事。
ほんと、楽しませてもらいました。
あ、食べ物も安くておいしいですよ~

連続投稿です。

「草庭」の近くにSkog(スクーグ)というギャラリーがあります。
広々としたエントランスに高い天井、ゆったりとした展示スペースに薪ストーブ。
素敵な別荘のような(実際に御主人が住まわれています)建物です。
ホームエレベーターも備えている、バリアフリー構造でもあります。

展示されているのはオーナーさんがセレクトした、陶磁器や漆器、ガラス器などなど。
北欧好きの奥様が選ばれた雑貨もすてきです。

今週末、17・18日に行われる「かんじる比良」というイベントを「ほっとすていしょん」さん
と一緒に、中心になって進めてくれました。
イベントはここ比良界隈の自然・食・アートを五感で感じてもらおうというもの。

うちは桶・木工房の見学と、草庭(ショップ)、中川周士(ダンナです)の鉄のオブジェと
三本立てで参加させてもらいます。

ぜひ、お越しくださいね。


追々、ご近所さん情報を投稿していこうと思ってます。
画像もね。

草庭

草庭
女性
滋賀県は湖西で器などを扱うお店をしております。
お店は中川木工芸比良工房という桶工房に併設しており、一声掛けていただければ、工房の見学もできます。

このブログでは商品の入荷情報やイベント情報、そしてここ比良の美しい自然をご紹介します。

 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最新コメント

[03/07 izumi]
[12/09 izumi]
[06/22 izumi]
[06/14 izumi]
[05/23 ウエダ]

 

ブログ内検索